おでん

364kcal
3.3g
おでん
おでん

初めてでもできた!くいしんぼうのおかず教室

中村成子さんのレシピ

冬の定番あったかおでん。素材のうまみを生かして上品な味わいに

材料(3〜4人分)

さつま揚げ…4枚
ゆで卵…4個
もめん豆腐…1丁
きんちゃくもち
 ・油揚げ…2枚
 ・切りもち…2個
 ・かんぴょう(15cm)…4本
大根…1/2本
こんにゃく…1枚
昆布(5×15cm)…4枚
煮汁
 ・だし汁…6カップ
 ・酒…1/4カップ
 ・塩…小さじ1
 ・しょうゆ…小さじ2

下ごしらえ

  1. 昆布は水5カップにひたしてやわらかくなるまでおき、昆布ともどし汁に分ける。昆布は縦半分に切り、半分に折って結ぶ。かんぴょうは水でもどしてから塩少々をふってもみ、水で洗って水けを絞る。大根は3cm厚さの輪切りにして厚めに皮をむく。こんにゃくは塩小さじ1/2をもみ込んで水で洗う。もちは横半分に切る。
    昆布は水でもどしてから結ぶ。厚くて半分に折りにくい場合は、さらに半分に切って結んで。もどし汁はたねの下ゆで用にとっておく。

作り方

  1. 鍋に大根、昆布、もどし汁を入れて火にかけ、煮立ったら弱めの中火にして約20分、大根に竹串がスーッと通るくらいになるまでゆでる。大根と昆布を取り出し、残ったゆで汁でこんにゃくを約10分ゆでて取り出す。続けて油揚げ、さつま揚げの順に30〜40秒ずつゆでては取り出す。こんにゃくは横半分、斜めに三角に切り、厚みを半分に切る。油揚げは水けを絞ってまな板に広げ、菜箸を押し当てながら転がし、横半分に切る。切り口に指を入れて袋状に開き、裏返してもち1切れを入れ、かんぴょうで口を結ぶ。
    たねは下ゆでして素材のうまみを引き出す
    きんちゃくもちの油揚げは裏返しにすると、おでんのつゆがしみこみやすくなり、見栄えもよくなる。
  2. 大きい鍋に煮汁の材料を入れて火にかける。煮立ってきたら大根、昆布、こんにゃくを入れ、フツフツするくらいの弱火で20〜30分煮る。さつま揚げ、きんちゃくもちを加え、約15分煮る。
    味がしみにくい素材から煮立てないように煮る
  3. 2を煮ている間に、小鍋に湯を沸かし、豆腐を十字に4等分にして入れ、弱火で約5分ゆでて湯をきる。2が煮えたら豆腐、ゆで卵を加え(入れにくいときはこんにゃく、昆布、大根をいったん取り出して戻す)、弱火で4〜5分煮る。火から下ろし、粗熱がとれるまでおいて味を含ませる。食べる分を土鍋に移して弱火で温め、好みで長ねぎの小口切りや練りがらしを添える。
    豆腐、卵はさましながら煮汁にひたして味を含ませる

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 白根正治

食材の扱い方・ポイント

かんぴょう
かんぴょう
夕顔の実の果肉をひも状に削り、乾燥させて作るかんぴょう。栃木県が主産地(国内生産量の90…
大根
大根
みそ汁、煮もの、炒めものからサラダまで、そして薬味の代表、大根おろしとして応用範囲の広い…

おでん
に合うトッピング

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32384品をご紹介!