フライドチキン

381kcal
フライドチキン
フライドチキン

二度揚げして、カラッと色よく揚げるのがコツ

材料(2人分)

にんにく…1片
エンダイブ…適宜
とり骨つき手羽元…8本
小麦粉…適宜
揚げ油…適宜
レモンの薄切り…3枚
・塩小さじ1/2、こしょう適宜、パプリカ少々、サラダ油大さじ1

下ごしらえ

  1. にんにくはすりおろす。エンダイブは洗って水をきる。

作り方

  1. とり肉は竹串(またはフォーク)で表面全体を刺し、味をしみ込みやすくする。ボウルにとり肉を入れて塩、こしょう、にんにく、パプリカ、サラダ油を加えてよくもみ、15分おいて下味をつける。とり肉に小麦粉をまんべんなくまぶし、余分な粉ははたき落とす。
  2. 《揚げる》揚げ油を低めの中温(170℃)に熱し、とり肉を1本ずつ4本入れる。一度にたくさん入れると油の温度が一気に下がり、火の通りも遅く、カラッと揚がらないので、2回に分けて揚げる。菜箸でとり肉を転がすようにして返しながら4〜5分揚げて、いったん取り出す。残りの4本も同様に揚げる。
    温度を下げないように2回に分けて揚げる
  3. 揚げ油を高温(180〜185℃)に上げ、初めに揚げた4本を再び入れる。さらに色づくまで揚げて、油をきる。残りの4本も同様に、色よく二度揚げする。

    《骨のところに血がにじんでしまった場合》一度にたくさん揚げたり、少ない油で揚げると、油の温度が一気に下がって、火が通るのに時間がかかる。そんなときは再び揚げるか、ラップをせずに電子レンジで約1分加熱するといい。
    二度揚げして中までしっかり火を通す
  4. 《盛る》エンダイブを食べやすい大きさにちぎって皿に敷き、とり肉を1本横に盛り、そこに立てかけるようにして残りのとり肉を盛る。レモンの薄切りに1カ所切り込みを入れてねじったものを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 川浦堅至

食材の扱い方・ポイント

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //