春のばらちらし

475kcal
4.0g
春のばらちらし
春のばらちらし

菜の花やスナップえんどうを使って春らしく

材料(作りやすい分量・4人分)

基本のすし飯(2合分)
 ・米…2合
 ・昆布(6×3cm)…1枚
 ・すし酢
  ・酢…1/4カップ
  ・砂糖…大さじ1 1/2
  ・塩…大さじ1/2
・酒
春のばらちらし
 ・基本のすし飯…2合分
 ・まぐろ(刺し身用)…約70g
 ・ゆでだこ(刺し身用)…約70g
 ・うなぎのかば焼き(市販品)…約60g
 ・イクラ…30〜40g
 ・卵…2個
 ・菜の花…1/2束
 ・スナップえんどう…5個
 ・青じそのせん切り…5枚分
 ・白いりごま…大さじ2
 ・塩、酒、砂糖、サラダ油、練りわさび、しょうゆ

下ごしらえ

  1. すし飯を作る。米は洗ってざるにあけ、30分ほどおく。炊飯器の内釜に入れ、水を内釜の“すし2合”の線まで加え(線がない場合は、白飯炊き2合の水加減より大さじ1ほど少なめに加減して)、昆布、酒大さじ1/2も入れて30分ほどおき、普通に炊く。
  2. ご飯が炊けたら昆布を取り出し、大きめのボウルにあける。すし酢の材料をよく混ぜて回しかける。ご飯に対してしゃもじを立て、ご飯の粒がつぶれないよう切るように混ぜては底からひっくり返す、を5〜6回繰り返す。

    ※ボウルはできるだけ大きめのサイズを使うことで、水分をとばしやすくする。
  3. ご飯にすし酢がいきわたったら、うちわであおいでつやを出す。途中、数回混ぜる。粗熱がとれるまで約15分、ぬれぶきんをかぶせる。

    ※ぬれぶきんをかぶせることで、すし飯が乾燥するのを防ぐ。

作り方

  1. 菜の花、スナップえんどうは塩を加えた熱湯でさっとゆで、湯をきる。菜の花は長さを3等分に切り、スナップえんどうは斜め3等分に切る。まぐろ、たこは約1cm角に切る。
  2. フライパンにうなぎ、酒大さじ1を入れ、ふたをして弱火にかけ、3分ほど、ふっくらするまで温める。粗熱をとり、約2cm大に切る。
  3. ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖大さじ1/2を加えて混ぜる。小鍋に油少々を熱して卵液を流し入れ、菜箸で絶えず混ぜて粗めのいり卵を作り、取り出して粗熱をとる。

    いり卵はほかの具の大きさと同じくらいの粗めでいいので、菜箸2本で混ぜて手軽に作る。
  4. すし飯に青じそ、ごまを加えて混ぜ、器に盛る。1〜3の具、イクラを彩りよく飾り、好みですだちの薄切りを散らす。わさびじょうゆ適宜をかけて食べる。

    すし飯の粗熱がとれてから青じそを混ぜるので、青じその色がくすみにくい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

基本の扱い方

米を洗う(1)

ボウルに米を入れ、たっぷりの水を注いで1〜2回混ぜ、すぐに水を捨てます。乾いた米は吸水しやすいので、1回目は、米がぬかのにおいを吸わないよう、手早く。

米を洗う(2)

2回目以降は、水を注いでから手で5回ほど軽くかき回し、水を捨てます。これを5回繰り返せばOK。水が透明になっていなくても、汚れは充分取れています。
※現在は、精米技術が発達し、ぬかや汚れが格段に減っているので、研ぐ(米どうしをこすり合わせるようにする)必要はありません。米が砕けないよう、やさしく洗い流すようにしてください。

吸水させる

米をざるに上げて、30分以上おき、吸水させます。
手軽に吸水させるには、炊飯器に米と、表示どおりの分量の水を入れ、夏なら30分、冬なら1時間ほどそのままおいておきます。
※吸水の必要がない炊飯器も普及しています。ご使用の炊飯器の扱い方を確認してください。

まぐろ
まぐろ
日本では、刺し身の中でいちばんの人気を誇るまぐろ。おもに店頭に並ぶのは、「くろまぐろ(ほ…

基本の扱い方

刺し身を切るときは

まぐろは白身魚などと違って、少し大きめに切ります。さくの右側から切りはじめて。写真のように包丁の刃元をさくの手前側に当て、スーッと引きながら切り、最後は刃先をまな板につけて切り離します。よく切れる包丁で一度に切ると切り口がシャープに。組織が壊れないのでうまみが逃げず、見た目もきれいです

盛りつけ

一列に並べるよりも、重ねることによって、見栄えのする盛りつけに。
例えば5切れなら、2切れを土台に置き、3切れを立て掛けるようにして、少しずつずらして重ねます。ずらして盛ると、見た目ばかりでなく、食べるときにも1切れずつ取りやすくなります。
盛るときは、鮮度を落とさないよう、あまり長く手でさわらないように手早く。添えるつまは、大根が多く使われますが、貝割れ菜やきゅうりなど、季節の使いやすい野菜でOKです。

菜の花
菜の花
春を告げる野菜、菜の花。かすかな花の香りと、ほのかな苦みが魅力です。基本的には、アブラナ…

基本の扱い方

根元を切る

茎の下の部分は、かたく、水分が抜けていることもあるので、適当な長さを切り落とします。切ることによって、水を吸い上げやすくする効果も。

冷水につける

根元を切り落としたら、冷水につけて水を吸わせ、しゃきっとさせます。こうすることで、ゆでたり、炒めたときの、歯ごたえがよくなります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //