いかあなご巻き

いかあなご巻き

大阪のそば屋さんのメニューをアレンジ

カロリー
424kcal
塩分
2.9g
カテゴリ:
ごはんもの > アレンジご飯 > のり巻き
ジャンル:
和風
イベント:
節分
レシピ作成・調理:
コウ静子
撮影:
日置武晴

材料(4本分)

煮あなご…1/2尾

いか(刺し身用)…120g

卵液

 ・卵…3個

 ・だし汁、砂糖…各大さじ3

 ・塩…小さじ1/3

青じそ…8枚

焼きのり…4枚

太巻き用すし飯(2合分)

 ・炊きたての白いご飯…2合分(約600g)

 ・すし酢

  ・米酢…大さじ2 1/2~3

  ・砂糖…大さじ1

  ・塩…小さじ1

・サラダ油、塩

下ごしらえ

1.

太巻き用すし飯を作る。ご飯はバットなどに広げ入れ、すし酢をしゃもじで受けながら、ご飯全体に回しかける。しゃもじを使うことで、ご飯にまんべんなくかけられる。

2.

しゃもじでご飯を下から持ち上げ、上下を返すように混ぜる。ご飯がほぐれてきたら、さらに、ご飯を練らないように、切るようにして混ぜる。

3.

すし酢が全体になじんだら、ご飯が乾燥しないように、かたく絞ったぬれぶきんをふんわりかけて、しばらくおいてさます。あればうちわなどであおいでさましても。

作り方

1.
卵焼きは、卵焼き器の長い辺を使って縦巻きにして焼くと、ちょうどよい長さに。

卵焼きは、卵焼き器の長い辺を使って縦巻きにして焼くと、ちょうどよい長さに。

卵焼き器に油適宜を熱し、卵液を2~3回に分けて流し入れ、縦巻きにして卵焼きを細長く焼き、2cm角の縦細切りにする。

2.
市販の煮あなごは、たれをからめながらさっと焼くことで、ふんわりやわらかくもどる。

市販の煮あなごは、たれをからめながらさっと焼くことで、ふんわりやわらかくもどる。

あなごは縦1cm幅に切り、フライパンでさっと焼いて、あれば添付のたれをかける。

3.

青じそは縦半分に切る。いかは縦1cm幅に切る。

4.

巻きすは裏面(竹が平らに削ってある面)を上に置き、焼きのりを両面さっとあぶって、裏面(ザラザラしている面)を上にのせる。手のひらを水でぬらし、太巻き用すし飯1/4量(約150g)をのせ、のりの手前を1~2cm、向こうを3~4cmあけて、ご飯を均一に広げる。

5.

青じそ4切れをのせ、残りの1~3を等分して、写真のように彩りよく並べて、具を手で押さえながら巻きすごと手前を持ち上げる。手前のご飯を向こう側のご飯にくっつけるようにギュッと巻く。

6.

巻き終わりが下になるまで転がして巻き、巻きすを両手で軽く押さえる。余った巻きすを片手で押さえ、巻いた部分を片手で手前に引いて、のりのつなぎ目が下にくるように回し、軽く押さえて形を整える。巻き終わりを引き出してしっかり押さえ、手に酢を少々つけて両端を押さえて、形を整え食べやすく切り分ける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X