おばあちゃんのチキンカレー

512kcal
3.6g
おばあちゃんのチキンカレー
おばあちゃんのチキンカレー

男のおうちカレー

吉田勝彦さんのレシピ

優しい味は白菜が決め手? 季節の野菜が入ったおばあちゃんのカレー

材料(4〜5皿分)

とり骨つきぶつ切り肉(水炊き用)…250g
白菜…大2〜3枚
にんじん…小1本
玉ねぎ…1個
にんにく…1片
赤とうがらし…2〜3本
ご飯…4〜5皿分
カレールー…小1箱(約100g)
・塩、サラダ油、しょうゆ
ラー油(自家製)
 ・ごま油、赤とうがらし、実ざんしょう

下ごしらえ

  1. 自家製のラー油は、ごま油に刻んだ赤とうがらしと実ざんしょうを混ぜて作る。

作り方

  1. 白菜は2〜3cm幅のざく切りにしてボウルに入れ、塩小さじ2をふって軽くもみ、少しおいて水が出たら、軽く絞って水けをきる。にんじんは一口大の乱切りに、玉ねぎは1〜2cm幅のくし形に切り、にんにくは包丁の腹でたたきつぶす。
  2. 鍋に油大さじ2を熱してにんにく、とうがらしを炒め、香りが立ったらとり肉を入れて炒める。
  3. 肉の色が変わったら水4カップ、にんじん、玉ねぎを加えて約20分煮る。いったん火を止めてカレールーを割り入れ、1の白菜も加えて約10分煮る。
  4. 仕上げにラー油大さじ1、しょうゆ少々を回し入れる。さらにご飯を盛って、カレーをかける。好みでお新香を添えて。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

吉田勝彦
吉田勝彦
岩手県生まれ。高校卒業後に和食の職人を志し、調理師学校へ。中国料理のまかないを食べて夏バテが治った経験から、薬膳の勉強を始める。25歳で代官山「Linka」の料理長に。その後香港に渡り、野菜が活躍する家庭料理を勉強し、代々木上原「jeeten」をオーナーシェフとしてオープン。テレビの料理番組や雑誌で中国料理を指導したり、講習、講演などでも中国家庭料理の魅力を伝えている。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

食材の扱い方・ポイント

白菜
白菜
一年を通して出回っている白菜ですが、旬は冬。寒くなるにつれ、肉厚になって甘みが増します。…
にんじん
にんじん
赤い色が食欲をそそる、緑黄色野菜の代表。生で、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法…
玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…
にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…
とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…
とり肉
とり肉
くせがない白身の肉で、価格も安くて使いやすいとり肉。一般には、むね肉(骨なし、骨つき)、…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ34356品をご紹介!