フライドチキンのランチボックス

789kcal
3.4g
フライドチキンのランチボックス
フライドチキンのランチボックス

SNOOPYのランチボックス

沼口ゆきさんのレシピ

二度揚げしているので、さめてもカリカリをキープ。人が集まるときにもぴったり!

材料(2人分)

フライドチキン
 ・とり骨つきもも肉ぶつ切り(または手羽元)…400g
下味
 ・おろしにんにく…1片分
 ・しょうが汁、塩…各小さじ1/2
 ・こしょう…少々
溶き卵…1/2個分
牛乳…大さじ1 1/2
ころも
 ・小麦粉…大さじ3
 ・片栗粉…大さじ1 1/2
 ・オールスパイス…小さじ1/2
 ・塩、粗びき黒こしょう…各少々
にんじんサラダ
 ・レーズン…大さじ1(約10g)
 ・にんじん…小1本
 ・パセリの粗みじん切り…大さじ1/2
 ・赤ワインビネガー(または酢)…小さじ2〜3
好みのパン…2個
揚げ油、オリーブ油、塩、こしょう

作り方

  1. フライドチキンを作る。とり肉は下味の材料とともにポリ袋に入れてよくもみ、そのまま1時間おく。ころもの材料を別のポリ袋に入れてふり、よく混ぜ合わせる。
  2. 溶き卵と牛乳をボウルに入れて混ぜ合わせる。
  3. とり肉を2に入れてよくからめ、ころもの入ったポリ袋に入れて全体にまぶし、しっかりころもをつける。
    オールスパイスはシナモン、クローブ、ナツメグの香りをあわせ持つスパイスで、料理にもスイーツ作りにも使われる。
  4. 揚げ油を低温(約160℃)に熱し、3を入れて10〜12分じっくりと揚げる。いったん取り出し、火を強めて高温(約185℃)にし、再びとり肉を入れてこんがりと色づくまで4〜5分揚げる。
    低温でじっくり揚げて中まで火を通したあと、さらに高温にした揚げ油に入れてころもをカリカリにさせる。
  5. にんじんサラダを作る。レーズンは20~30分水につけてもどし、水をしっかり絞る。にんじんは4㎝長さのせん切りにする。
  6. ボウルに5、赤ワインビネガー、パセリ、オリーブ油大さじ2、塩、こしょう各少々を入れてよく混ぜ合わせ、容器に入れる。
  7. 紙箱に、4、6、パンを入れる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

沼口ゆき
沼口ゆき
バンクーバーへの留学後、OLを経てル・コルドン・ブルー(東京)とエコール・リッツ・エスコフィエ(フランス)などで料理と製菓を学ぶ。有元葉子氏に師事し、独立したのち料理教室「波よけ通りキッチン 」をオープンさせる。

食材の扱い方・ポイント

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…
にんじん
にんじん
赤い色が食欲をそそる、緑黄色野菜の代表。生で、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法…
とり肉
とり肉
くせがない白身の肉で、価格も安くて使いやすいとり肉。一般には、むね肉(骨なし、骨つき)、…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ34268品をご紹介!