ブロッコリーとえびのスクランブルエッグ

時短でラク
221kcal
1.3g
15min
ブロッコリーとえびのスクランブルエッグ
ブロッコリーとえびのスクランブルエッグ

緑に、卵の黄色、えびの赤色の3色で豪華に

材料(2人分)

ブロッコリー…1/2株
小えび…50g(正味)
下味(塩少々、こしょう少々、酒、片栗粉各小さじ1/2)
卵…3個
・塩、こしょう、サラダ油、バター

作り方

  1. 小えびはきれいに洗って水けをふき取り、塩、こしょう、酒、片栗粉をまぶして下味をつける。ブロッコリーは小房に分け、塩少々を加えた熱湯で色よくゆでてざるに上げる。卵は割りほぐして、塩、こしょう各少々をふって混ぜる。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1/4を熱し、小えびを入れて八分通り火が通ったら取り出す。
  3. 同じフライパンにサラダ油大さじ1、バター大さじ1/2を入れて熱し、卵を流し入れて強火にし、木べらで大きく混ぜ、とろりとしたら2のえびとブロッコリーを加えてざっと混ぜ、皿に盛る。卵が半熟程度に仕上げる。

    卵はふわふわの状態で仕上げたいので卵が少し固まりはじめたところですぐにえびとブロッコリーを加える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

食材の扱い方・ポイント

ブロッコリー
ブロッコリー
栄養豊富な緑黄色野菜の王様・ブロッコリー。キャベツの仲間で、古くからイタリアで好まれ、日…

基本の扱い方

小房に分ける(1)

房のつけ根に包丁を入れ、1房ずつ切ってはずします。

小房に分ける(2)

房が大きい場合は、軸に包丁で切り目を入れます。

小房に分ける(3)

切り目から手で裂きます。

茎も使う(1)

太い茎の部分も歯ごたえがよくおいしいので使いましょう。
細い茎、かたい根元を落とします。

茎も使う(2)

外側のかたい皮をむき、用途に応じて切り分けます。

ゆで方

かためにゆでて余熱で火を通す

塩を入れた熱湯で1〜2分、色鮮やかになるまでゆでたら、ざるなどに上げ、余熱で火を通します。

ざるに広げる

青菜などは、色鮮やかにするため、ゆでたあと、冷水にとりますが、ブロッコリーは水にとると水っぽくなるので、平らなざるに広げて自然にさまします。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //