レシピ 「ゆず」の人気レシピ

ゆずの香りを楽しむ人気レシピ。ゆず大根などさっぱりおかずや、はちみつ漬けでほっこり温かいゆず茶を楽しもう♪

絞り込み検索

おかず/お菓子

条件を指定

調理時間

カロリー

ジャンル

苦手な食材(使わない食材)

使う食材

カテゴリ検索
野菜その他を使ったレシピ

もっと見る

人気レシピ:44

ゆずジャム

ゆずジャム

ゆずが出回るようになると冬本番。ジャム作りは冬のお楽しみです

  • カロリー 1775kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:ゆず
たらの和風ホイル焼き

たらの和風ホイル焼き

フライパンで蒸し焼きにする、さっぱり味のスピードおかず

  • カロリー 102kcal
  • カロリー 塩分控えめ
  • ※主な食材:たら、玉ねぎ
ゆず大根

ゆず大根

大根で作る酢の物にゆずを加えて香り高い小鉢に、見た目にも美しい一品です

  • カロリー 48kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:大根、ゆず
ゆずどり

ゆずどり

ほろ苦いゆず皮が香る、大人味の照り焼き

  • カロリー 239kcal
  • カロリー 塩分控えめ
  • ※主な食材:とり手羽中、ゆず
大根のゆずしょうゆ漬け

大根のゆずしょうゆ漬け

切ったら漬けておくだけ。常備菜にも

  • カロリー 52kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:大根、ゆず
ぶりの幽庵焼き

ぶりの幽庵焼き

ゆずの入ったたれに漬けて焼くのが幽庵(ゆうあん)焼き

  • カロリー 256kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:ぶり、ゆず
べったら漬け

べったら漬け

自然の甘みを引き出して作ります

  • カロリー 16kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:大根、赤とうがらし
大根の柚香漬け

大根の柚香漬け

大根のシャキシャキ感がたまらい。ゆずでさっぱりと、どうぞ

  • カロリー 24kcal
  • カロリー 塩分控えめ、時短
  • ※主な食材:大根、ゆず
ゆずポテサラ

ゆずポテサラ

食感のよいじゃがいもにゆずの香りをプラス

  • カロリー 182kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:ハム、じゃがいも
鮭と豆腐の雪見鍋

鮭と豆腐の雪見鍋

大根おろしの煮汁ごとで体が温まる

  • カロリー 226kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:大根、塩鮭
紅白なます

紅白なます

ほんのりゆずが香る上品な味

  • カロリー 49kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:ゆず、大根
白菜鍋

白菜鍋

ゆず塩やおろししょうがでアレンジいろいろ! 毎年冬に食べている白菜の鍋料理

  • カロリー 452kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:とり手羽中、ゆず
生鮭のゆずみそ焼き

生鮭のゆずみそ焼き

ゆずみそは多めに作っておくと重宝します

  • カロリー 315kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:鮭、ゆず
ほうれん草のゆずびたし

ほうれん草のゆずびたし

香り豊かで、箸休めにもおすすめ

  • カロリー 18kcal
  • カロリー 塩分控えめ
  • ※主な食材:ほうれん草、ゆず
とりの幽庵焼き

とりの幽庵焼き

ゆずの味と香りが甘辛いたれにベストマッチ

  • カロリー 286kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:とりもも肉、ゆず
かぶとゆずの即席漬け

かぶとゆずの即席漬け

青ゆずのさわやかな香りが新鮮

  • カロリー 25kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:かぶ、ゆず
かぶの葉のゆずあえ

かぶの葉のゆずあえ

新鮮なかぶの葉を使って

  • カロリー 22kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:かぶの葉、ゆず
さばのゆず焼き

さばのゆず焼き

ゆずの香り高い、和風のごちそう。つけ合わせも絶品です

  • カロリー 243kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:さば、ゆず
鮭の柚香焼き

鮭の柚香焼き

脂がのった鮭をゆずの香りで味わう

  • カロリー 169kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:鮭、ゆず
帆立とゆり根のゆず釜グラタン

帆立とゆり根のゆず釜グラタン

ゆずの器におめでた食材をぎっしり詰める

  • カロリー 167kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:帆立貝柱、牛乳

1/ 3 ページ

1 2 3 next
(ゆず)

ゆずの基本情報

ゆず

ゆずの特徴

さわやかな酸味と香りを持ち、いろいろな料理の調味料や薬味に使われるかんきつ類の一つ。四国、中国、九州が主な産地です。
一般に料理には、若い青い実と、熟して黄色くなったものを使います。
日本料理では、初夏から順に、「花柚子(はなゆ)」、「実柚子(みゆず)」、「青柚子(あおゆず、あおゆ)」、「黄柚子(きゆず)」と呼び、季節で使い分けています。
特によく使われるのが、黄色くなったゆず。やわらかで香りのよい外皮を、汁ものに添えたり、すりおろして「ゆずみそ」に使ったり、中身をくりぬき、中にあえものなどを詰めたりします。
果汁は、酢のものや鍋もののたれに加えたり、皮と実は、マーマレードにしたり、菓子の材料にも使います。
乾燥させた皮は、七味とうがらしの材料の一つになっています。

ゆずの選び方ガイド

果皮につやと張りがあり、手で持ったときに重く感じられるものを。黄色くなったゆずの場合は、果皮全体が、黄色く色づいているものを選びましょう。

ゆずの旬 ゆずの栄養 ゆずの扱い方