天ぷら3種盛り

時短、塩分控えめ、天ぷら

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
天ぷら3種盛り

まずはこれだけマスター!

カロリー
304kcal
塩分
0.8g
カテゴリ:
揚げ物 > 天ぷら・かき揚げ > 天ぷら
ジャンル:
和風
プロ料理家:
脇雅世
撮影:
野口健志

材料(2人分)

えび…4尾

さつまいも…5cm

たらの芽…5~6個

レモン…適宜

抹茶塩

 ・抹茶…小さじ1/4

 ・塩…小さじ1/4

ころも

 ・溶き卵…1/2個分

 ・小麦粉…1/2カップ

 ・冷水…1/2カップ

・揚げ油、小麦粉、塩

作り方

1.

えびは尾を残して殻をむき、背わたを除く。腹に3~4ヵ所、切り目を入れ、筋をまっすぐにのばす。尾の先を落とし、尾の中の水を包丁の先でしごき出す。さつまいもは厚みを半分にし、さらに半割りにして水にさらす。たらの芽は根元のかたい皮をむく。

たらの芽は、さっと水洗いしたあと水をよくふき取り、根元のかたい部分を取り除く。天ぷらには、アクが少ない小ぶりのものが向く。

えびは、揚げるときに油がはねないように、尾の先端を切り落とし、包丁の刃先で尾の中にある水分をしごき出す。

2.

ボウルにころもの溶き卵と冷水を入れてよく混ぜ、小麦粉を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

ころもの混ぜ具合は、挿入写真が目安。混ぜすぎると粘りが出て、ころもが厚くなり、食感も損なわれるので注意。菜箸の持ち手側など、太めの箸を使うと粗く混ぜられる。

3.

さつまいもから揚げる。さつまいまもの水をペーパータオルでふき取ってころもにくぐらせ、低温(約160℃)の揚げ油に入れる。ふたをして、時々ふたの内側についた水滴をふきながら、竹串がスーッと通るくらいになるまで揚げる。

厚切りの大きなさつまいもの天ぷらはホクホクの食感も、見た目のインパクトも◎。焦がさず中まで火を通すには、ふたをして揚げるのがコツ。途中で、ふたの裏についた水蒸気をふきながら揚げると、ころもがサクサクに。

4.

続けて、たらの芽は、先の半分ほどを指でつまんでころもにくぐらせ、低温(160℃)の揚げ油でカラリとするまで揚げる。

春は、ぜひ天ぷらで味わいたい山菜。指でつまんで、ころもにくぐらせれば、つまんだ部分の緑色が映える。ころもが少ない分、味わいもライト。たらの芽に限らず、ふきのとうやこごみなどでも同様に。

5.

えびは、ペーパータオルで水気をふき取り、うすく小麦粉をまぶす。尾を指でつまんでころもにくぐらせ、中温(約170℃)の揚げ油に入れる。ころもが固まりはじめたら強めの中火にし、カラリとするまで揚げる。

ピンとまっすぐ揚がったえびの天ぷらはボリューム感があっておいしそう!まず包丁で腹に3~4本切り目を入れ、さらに包丁の腹で、えびの腹を軽くたたく。こうすると筋が伸びて、揚げたときに丸まらない。

6.

さつまいもの天ぷらに立てかけるようにえびの天ぷらを盛り、手前にたらの芽を置く。レモンをくし形に切って添える。抹茶塩の材料を混ぜ合わせ、塩とともに添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X