ジューシーメンチカツ

時短、塩分控えめ、メンチカツ

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
ジューシーメンチカツ

玉ねぎのうまみたっぷり肉汁が詰まったふっくらお肉屋さん風メンチ

カロリー
452kcal
塩分
1.5g
カテゴリ:
肉のおかず > 挽肉 > メンチカツ
揚げ物 > コロッケ・カツ > メンチカツ
ジャンル:
洋風
プロ料理家:
坂田阿希子
撮影:
澤木央子

材料(2~3人分)

メンチカツだね

 ・合いびき肉…300g

 ・水…大さじ2

 ・玉ねぎ…1/2個

 ・溶き卵…1/2個分

 ・ナツメグ…少々

 ・ウスターソース、トマトケチャップ…各小さじ1

 ・塩…小さじ1/2

 ・こしょう…少々

 ・小麦粉…適宜

レタスの細切り…2枚分

レモンのくし形切り…2~3切れ

ころも

 ・小麦粉…大さじ2

 ・溶き卵…1個分

 ・水…大さじ1

 ・生パン粉…適宜

・サラダ油、揚げ油

下ごしらえ

1.
ひき肉300gに対し、水大さじ2(30ml)を加えて練り混ぜる。水を加えることでひき肉が水分を含み、揚げるとふっくらで肉汁の詰まったメンチカツになる。

ひき肉300gに対し、水大さじ2(30ml)を加えて練り混ぜる。水を加えることでひき肉が水分を含み、揚げるとふっくらで肉汁の詰まったメンチカツになる。

メンチカツだねのひき肉をボウルに入れ、水を加えて練り混ぜる。玉ねぎは5mm角の粗みじん切りにする。

作り方

1.
たねは平らにまとめることで、火が通りやすくなる。手に薄く油をぬっておくとたねが手にくっつかず、まとめやすい。

たねは平らにまとめることで、火が通りやすくなる。手に薄く油をぬっておくとたねが手にくっつかず、まとめやすい。

ひき肉と水を混ぜたボウルに、玉ねぎ、溶き卵を入れて練り混ぜる。ナツメグ、ウスターソース、ケチャップ、塩、こしょうを加えてさらに練り混ぜる。手に薄く油をぬり、6等分にして円盤形に整え、小麦粉を薄くまぶす。

2.
パン粉をたっぷりつけると、揚げるときに肉汁がころもの外に逃げるのを防いでくれる。生パン粉は、ころものつきがよく、サクッと仕上がるのでおすすめ。

パン粉をたっぷりつけると、揚げるときに肉汁がころもの外に逃げるのを防いでくれる。生パン粉は、ころものつきがよく、サクッと仕上がるのでおすすめ。

別のボウルにころもの小麦粉を入れ、溶き卵を少しずつ加えては混ぜ、水も加えてさらに混ぜる。たねを1つずつ卵液にくぐらせ、パン粉の上に取り出す。表面にもパン粉をたっぷりかけ、上から手で軽く押さえてパン粉をしっかりつける。

3.
時々、上下を返すことで、むらなく揚げ色がつく。最後に強めの中火にすると、表面がカラリとおいしく仕上がる。

時々、上下を返すことで、むらなく揚げ色がつく。最後に強めの中火にすると、表面がカラリとおいしく仕上がる。

半量(3個)ずつ揚げる。揚げ油を低温(約160℃)に熱し、2を静かに入れ、さわらずに1~2分揚げる。うすく揚げ色がついたら上下を返し、さらに揚げる。途中、何度か上下を返しながら揚げ、表面がきつね色になったら強めの中火にしてカラリとさせ、取り出す。揚げる時間の目安は7~8分。残りも同様に揚げる。皿に盛り、レタス、レモンを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X