さつま揚げと切り干し大根のおでん

時短でラク
149kcal
2.4g
10min
さつま揚げと切り干し大根のおでん
さつま揚げと切り干し大根のおでん

淡泊な切り干し大根をうまみたっぷりに煮て

材料(2〜3人分)

さつま揚げ…4枚(約250g)
切り干し大根…30g
みょうがの薄い小口切り…1個分
青じそのせん切り…2枚分
煮汁
 ・だし汁…1カップ
 ・うす口しょうゆ(またはしょうゆ)…小さじ2
・酢

作り方

  1. 切り干し大根は水でさっと洗って、水に約2分つけてもどし、水けをしっかり絞る。
  2. 鍋にさつま揚げを入れ、煮汁を注いで火にかける。煮立ってから約1分煮て、切り干し大根を加え、切り干し大根の上にさつま揚げがくるようにのせる。さらに約3分煮たら火を止め、酢大さじ1を加えてさっと混ぜる。
    切り干し大根にさつま揚げのうまみを吸わせる
  3. 粗熱がとれたら汁ごと保存容器に移し、冷蔵庫で冷やす。食べるときは器に盛ってみょうがとしそをのせ、好みで練りがらしを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

大原千鶴
大原千鶴
京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ出演、料理教室、講演会、エッセイ執筆、商品開発アドバイザー、CMやドラマの料理監修などで活躍。現在NHKEテレ「きょうの料理」BS4K「あてなよる」のレギュラー出演中。NHKBSプレミアム「京都人の密かな愉しみ」の番組出演や料理監修も手掛ける。大学生、中学生の二男一女の母でもある。『大原千鶴のすぐごはん〜冷蔵庫にあるもので〜』(高橋書店)ほか著書多数。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 浮田輝雄

食材の扱い方・ポイント

切り干し大根
切り干し大根
せん切りや細く削った大根を、すのこの上に広げ、天日で乾燥させたものが切り干し大根。宮崎県…

基本の扱い方

もどす(1)

たっぷりの水に放して、もむようにして軽く洗い、ごみや切りくずを除きます。そのまま酢漬けなどにする場合は、すぐにざるに上げて水を絞り、酢液などに漬けます。

もどす(2)

煮る場合は、洗ったあと、かぶるくらいの水につけてもどします。もどし時間は、商品の表示に従うとよいでしょう。目安は10分ほどです。もどったら、軽く絞って調理します。もどすと、かさは2倍、重さは4倍近くになります。水につけすぎると、風味まで抜けてしまうので、注意して。

みょうが
みょうが
日本特産の香味野菜で、花穂(花のつぼみ。“みょうがの子”ともいう)や、若い茎(みょうがた…

基本の扱い方

皮をむいて使います

いちばん外側の皮が汚れていたり傷んでいれば、根元からはがすようにしてむきます。
また、1枚ずつはがして使う場合は、根元を少しずつ切り落としてもOK。

せん切りや小口切りにして薬味に

薬味にするときは、せん切りや小口切りにして。
せん切りにするときは、縦半分に切って端から刻みます。中心の芯の部分を切って除くと、つながった部分のないきれいなせん切りに。さらにていねいにするなら、1枚ずつはがして刻んでも。
小口切りにするときは、横にして置き、端から薄く切ります。先端から切っていくと、最後までばらばらにならずに切ることができます。

水にさらしてアクを抜く

アクが強いので、水にさらして使います。長くさらしすぎると香りも抜けてしまうので5分ほどを目安に。

おすすめ読みもの(PR)