タイ風チムチュム鍋

390kcal
4.0g
タイ風チムチュム鍋
タイ風チムチュム鍋

"ちょっとひたす"という意味のタイ料理

材料(2〜3人分)

とりむね肉(皮なし)…小2枚(約400g)
卵…2個
もめん豆腐…1丁
はるさめ…50g
えのきたけ…2袋(約200g)
白菜…小1/6株(約300g)
にら…1/2わ
エスニックだれ
 ・レモン汁…1個分
 ・ナンプラー…大さじ3
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・一味とうがらし…小さじ1
 ・おろしにんにく…小さじ1/2
煮汁
 ・ナンプラー…大さじ1〜2
 ・とりガラスープの素、砂糖…各大さじ1
 ・水…5カップ

作り方

  1. エスニックだれの材料は混ぜる。はるさめは熱湯をかけてもどし、食べやすく切る。えのきたけは粗くほぐす。白菜はざく切りにし、豆腐は食べやすく切る。にらは4〜5cm長さに切る。
  2. とり肉は一口大のごく薄いそぎ切りにし、半量ずつ皿に入れ、卵を割ってのせる。
  3. 鍋に煮汁の材料を入れて中火煮立てる。2を混ぜて加えて弱火にし、ほぐしながら約2分煮る。ほかの材料を適量加えて煮て、たれにつけて食べる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

【料理家コメント】今キテる鍋はコレ!家庭で作りやすくアレンジしましょう。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

はるさめ
はるさめ
でんぷんを使った乾麺の一種、はるさめ。一般に流通しているものには、じゃがいもやさつまいも…

基本の扱い方

もどす(1)

ボウルにはるさめを入れて熱湯を全体にかけ、そのまま熱湯にしばらくつけてもどすのが一般的な方法。もどし時間は、商品の表示に従うとよいでしょう。

もどす(2)

水にとってざっと洗い、水をよくきり、使う長さに切ります。
●もどしたあと、調理して汁を吸い込むと、かさは2倍、重さは3〜4倍に増えます。

えのきたけ
えのきたけ
流通するえのきたけは栽培もので、暗い室内で栽培されるため白く、黄褐色でかさも大きく開いた…

基本の扱い方

根元を落とす

石づきに近い根元の部分は全体がくっついているので、根元から4〜5cmぐらいを一気に切り落とし、用途によっては、長さを半分に切り、適宜ほぐします。

白菜
白菜
一年を通して出回っている白菜ですが、旬は冬。寒くなるにつれ、肉厚になって甘みが増します。…

基本の扱い方

葉をはずす

株元に包丁を入れ、1枚ずつ手ではずしていきます。

切り方

ちぎる

ポキンと折るようにしてちぎります。切り口の表面積が広くなり、味が入りやすくなります。短時間で味をからめたい炒めものなどに。

そぎ切り

株元のほうから、2〜3cm幅に包丁を斜めに入れて、そぐように切ります。

ざく切り

1枚を縦半分にしたら、2枚を重ね、株元から5〜6cm長さに切ります。鍋ものなどに。

繊維に対して直角に切る

繊維に対して直角に(繊維を切るように)、料理に合わせた幅に切ります。
生でサラダにする場合や、浅漬けのときに。食べやすく、短時間で味がなじみます。

繊維に沿って切る

1枚を扱いやすい長さ(2〜3等分)に切り、繊維に沿って、料理に合わせた幅に切ります。
歯ごたえを残したい炒めものなどに。また、浅漬けでも、翌日に食べるなら、この切り方のほうがおすすめ。

刻む

ひき肉だねに混ぜ込むときなどは、繊維に沿って切ってから、繊維に対して直角に刻みます。

にら
にら
餃子でおなじみ、独特な強いにおいをもつにら。春から秋にかけて何度も収穫でき、年間を通して…

基本の扱い方

根元のほうから取り出す

束になっている場合、使う分だけ根元から取り出します。

ざく切りと粗みじん切り

鍋ものや炒めものなどでは5〜6cm長さに、端からざく切りにします。
餃子やみそ汁には、小口から5mm幅くらいの粗みじんに切っていくとよいでしょう。

長いままゆでる

おひたしなどで、きれいに揃えて盛りつける場合は、長いままゆでて、揃えて水を絞ります。フライパンを使うと長いままゆでやすいのでおすすめ。

保存

細かく切って冷凍

保存する場合は、冷蔵保存では葉先からしんなりしやすいので、冷凍保存を。
粗みじんに切って小分けにし、生のままラップで包んで冷凍用保存袋に入れます。みそ汁などには、凍ったまま入れればOK。

タイ風チムチュム鍋
で作れるほかのレシピ

おすすめ読みもの(PR)