とりむねとれんこんの南部揚げ

588kcal
1.2g
とりむねとれんこんの南部揚げ
とりむねとれんこんの南部揚げ

「賛否両論」笠原将弘の覚えておきたい日々のおかず

笠原将弘さんのレシピ

れんこんのサクサク感と黒ごまのプチプチとした食感も加わった、一口揚げのごちそう。ご飯にもお酒にも合います!

材料(2~3人分)

とりむね肉…小1枚(約200g)
れんこん…小1節(約150g)
黒いりごま…大さじ2
ころも
 ・小麦粉…80g
 ・卵黄…1個分
 ・冷水…80ml
すだち…1個
おろししょうが…1かけ分(約15g)
サラダ油、塩、しょうゆ

作り方

  1. れんこんはよく洗い、皮つきのまま四つ割りにしてから横1cm幅に切る。とり肉は余分な脂を取り除き、2cm角に切る。
    れんこんは揚げるので皮ごと使うのがいい。香ばしくなる
  2. ボウルに1を入れ、ころもの小麦粉を加えてほぐしながらまぶす。卵黄を加えてからめ、冷水を加えて混ぜる。全体がまとまるよう様子を見て、足りなければ冷水を少しずつ加えてまとめる。黒ごまを加え、混ぜ合わせる。
    ころもに卵黄を加えて揚げると、カリッと仕上がる
    黒ごまをたっぷり加えて南部揚げに。食感もプラスされる
  3. フライパンに2cm深さの油を入れて中温(約170℃)に熱する。2を大きめの一口大になるようスプーンですくって形づくり、油にそっと入れて両面を3~4分揚げる。
    スプーンからすべらせて最初はいじらず、そのまま。しばらくしてから上下を返す。少ない油でできるのもいい。
  4. 器に盛り、塩適量、すだちを半分に切ったもの、おろししょうがとしょうゆ適量を合わせたものを添える。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

笠原将弘
笠原将弘
日本料理店「賛否両論」店主。「正月屋吉兆」で修行をした後、実家の焼き鳥店を継ぐが30周年を機に一度閉店。2004年に「賛否両論」をオープン。日本料理ならではの味わいと、季節に寄り添う食材使いにファンが多い。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 日置武晴

食材の扱い方・ポイント

れんこん
れんこん
11月ごろから年末にかけて、価格も安くなってくる冬野菜のれんこん。はすの肥大した地下茎で…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31486品をご紹介!