かじきのムニエルトマトソース

235kcal
0.5g
18min
かじきのムニエルトマトソース
かじきのムニエルトマトソース

さわやかな酸味のトマトソースを添えて

材料(2人分)

かじき…2切れ
ミニトマト…2/3パック(約50g)
水菜…1/2わ
にんにくの薄切り…1片分
白ワイン…1/4カップ
・塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油

作り方

  1. ミニトマトは四つ割りにし、水菜は5cm長さに切る。かじきはペーパータオルで水けをふき取り、塩、こしょう各少々をふって小麦粉を薄くまぶす。

    かじきの水分をペーパータオルでふき取ることで、臭みが取れる。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱して、かじきを入れて焼きつける。両面に焼き色がついたら取り出して火を止める。フライパンに残った油をペーパータオルでふき取る。
  3. トマトソースを作る。2のフライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱し、にんにくを炒める。香りが立ったらミニトマトを加える。ミニトマトの皮がはじけたら、塩、こしょう各少々で調味する。トマトソースをフライパンの片側に寄せ、水菜を入れてふたをし、1分ほど蒸し焼きにして皿に広げる。2のかじきをのせて、トマトソースをかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 原務

食材の扱い方・ポイント

水菜
水菜
鍋ものをはじめ、煮ものや炒めもの、そのまま生でサラダにと、おいしさと調理の手軽さで大人気…

基本の扱い方

全部まとめてざく切りに

ほとんどの料理は端からざく切りにして、そのまま使います。全部使わない場合も1束分洗って、まとめて切るとあとがラク。水菜はアクが少ないので下ゆで不要です。

みぶ菜も便利

水菜と違い、サラダには向きませんが、漬けもの、炒めもの、煮ものでは水菜と同様に使えます。株の根元にある土をよく洗って。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)