星のミートローフ

321kcal
2.5g
星のミートローフ
星のミートローフ

さつまいもを型で抜いて入れた

材料((縦18×横8.5×高さ6cmのパウンド型1個分))

合いびき肉…300g
溶き卵…1個分
牛乳…大さじ2
玉ねぎのみじん切り…1/2個分
赤パプリカ…1/2個
ホールコーン缶…1/2缶(約60g)
さつまいも(直径3〜4cmのもの)…1本
ブロッコリー…1個
ミニトマト…6個
・オリーブ油、塩、こしょう、パン粉、トマトケチャップ、ウスターソース、小麦粉

作り方

  1. オーブン用ペーパーの四辺に切り込みを入れ、パウンド型に敷く。
  2. フライパンにオリーブ油少々を熱し、玉ねぎを炒める。透き通ったら塩、こしょう各少々で調味し、取り出して粗熱をとる。パプリカはみじん切りにする。
  3. ボウルにパン粉大さじ4、牛乳を入れて湿らせる。合いびき肉、溶き卵、2を入れ、ホールコーンは缶汁をきって加える。ケチャップ大さじ1、ウスターソース大さじ1/2、塩小さじ1 1/3、こしょう少々を加え、粘りが出るまでよく混ぜる。
  4. さつまいもは2〜3cm厚さの輪切りにし、耐熱皿にのせる。ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約1分加熱する。取り出して星のクッキー型で抜く。小麦粉少々を全体に薄くまぶす。
  5. オーブンを200℃に予熱する。型に3の半量を入れて平らにし、4をくっつけて縦に並べる。残りの肉だねを加え、すき間ができないように敷き詰める。表面にオリーブ油少々をはけでぬる。
    ミートローフを切ったときに星形が見えるように、さつまいもを縦に並べる。
  6. オーブンで約20分焼いて天板を取り出し、型にアルミホイルをかぶせる。オーブンを180℃に下げ、アルミホイルをかぶせたままさらに約25分焼く。
  7. ブロッコリーは小房に分け、ミニトマトは横半分に切り、塩少々をふって耐熱皿に入れる。6の天板を取り出し、あいたところに耐熱皿を置く。オーブンでさらに約10分焼く。
  8. 天板を取り出し、ミートローフは型に入れたまま粗熱をとり、約3cm厚さに切って器に盛る。ブロッコリーとミニトマトを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

さつまいも
さつまいも
秋の味覚の一つ、さつまいも。ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。原産は中南米とい…

基本の扱い方

洗う

土など汚れがついている場合は、指でこすって水洗いを。最近はきれいに洗って売られているものが多いので、たわしでゴシゴシ洗う必要はありません。また、力強くこすりすぎると赤い薄い皮が破れ、皮つきのまま調理する際、仕上りが美しくないので注意して。

水につける

調理に合わせて切ったそばから水につけるのが、色よく仕上げるコツです。切り口が空気に触れて時間がたつと、でんぷんが黒く変色しますが、水につけることで、でんぷんが水に流れ出て、変色を防ぐことができます。さっと混ぜて水をきります。

皮をむく

いつものおかずでは皮をむく必要はありませんが、正月のきんとんや、スイートポテトなどの菓子を作る場合は、皮を厚めに(約3mm)むきます。皮の近くは繊維が多いので、厚くむくことで、裏ごしなどをする場合もなめらかに、色よく仕上がります。

切り方

輪切り

横にして置き、端から料理に応じた厚さに切ります。

拍子木切り

料理に応じた厚さの輪切りにしたものを重ねて、5〜6mm幅に縦に切ります。

角切り

料理に応じた厚さの輪切りにして、拍子木切りにしたら、横にして端から1cm幅に切ります。

ブロッコリー
ブロッコリー
栄養豊富な緑黄色野菜の王様・ブロッコリー。キャベツの仲間で、古くからイタリアで好まれ、日…

基本の扱い方

小房に分ける(1)

房のつけ根に包丁を入れ、1房ずつ切ってはずします。

小房に分ける(2)

房が大きい場合は、軸に包丁で切り目を入れます。

小房に分ける(3)

切り目から手で裂きます。

茎も使う(1)

太い茎の部分も歯ごたえがよくおいしいので使いましょう。
細い茎、かたい根元を落とします。

茎も使う(2)

外側のかたい皮をむき、用途に応じて切り分けます。

ゆで方

かためにゆでて余熱で火を通す

塩を入れた熱湯で1〜2分、色鮮やかになるまでゆでたら、ざるなどに上げ、余熱で火を通します。

ざるに広げる

青菜などは、色鮮やかにするため、ゆでたあと、冷水にとりますが、ブロッコリーは水にとると水っぽくなるので、平らなざるに広げて自然にさまします。

おすすめ読みもの(PR)