有頭えびの黄金焼き

有頭えびの黄金焼き

詰めて焼くだけの簡単さとは思えない見栄え!

カロリー
64kcal
塩分
0.8g
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の焼き物・ソテー > 魚介の焼き物 その他
季節・郷土料理 > おせち料理
ジャンル:
和風
イベント:
お正月おせち
プロ料理家:
鈴木薫
撮影:
澤木央子

プロ料理家:鈴木薫

えびの長いひげと曲がった腰が長生きの象徴とされ、おせちに用いられます。うにと卵黄を混ぜたソースを詰めて黄金色に焼き上げ、めでたさを演出!

材料(作りやすい分量・4人分)

有頭えび…大4尾(約340g)

練りうに…大さじ2

卵黄…1個分

・塩、酒、みりん

作り方

1.
有頭えびの背には切り目を入れ、腹には竹串を刺し、形を整える

有頭えびの背には切り目を入れ、腹には竹串を刺し、形を整える

えびは殻つきのまま背に深く切り目を入れ、少し開いて背わたを取る。腹側に竹串を尾から頭まで刺し、全体に塩、酒各少々をふる。

2.

小さめのボウルにうに、卵黄と、みりん小さじ1を入れ、混ぜ合わせる。

3.
うにと卵黄をみりんと混ぜた黄金色のソースを、えびの切れ目に入れる

うにと卵黄をみりんと混ぜた黄金色のソースを、えびの切れ目に入れる

えびの切れ目に、2を1/4量ずつ入れる。

4.
魚焼きグリルで焼いて火を通すだけで、完成!

魚焼きグリルで焼いて火を通すだけで、完成!

魚焼きグリルを温めてアルミホイルを敷き、3を並べる。中火で約3分焼いて表面に焼き色がついたら、アルミホイルをかぶせてさらに約5分焼く。そのまま約10分おいて落ち着かせる。

5.

器に盛り、好みで南天の葉を飾っても。

お料理メモ

おせち用に保存する場合は、しっかりさましてから保存容器に入れ、冷蔵室で約3日間保存可能。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X