鮭と里いもの豆腐クリームグラタン

445kcal
2.0g
鮭と里いもの豆腐クリームグラタン
鮭と里いもの豆腐クリームグラタン

しょうがの風味がきいた豆腐クリームをソースに

材料(3〜4人分)

生鮭…3切れ
ピザ用チーズ…80g
白菜…1/6株
里いも…5個(約400g)
青のり…適量
揚げ玉…30g
豆腐クリームソース
 ・絹ごし豆腐…1丁(約300g)
 ・牛乳…3/4カップ
 ・おろししょうが…大1かけ分
 ・めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2 1/2
白いりごま…大さじ1
・塩、こしょう、小麦粉、ごま油、酒

下ごしらえ

  1. 白菜はざく切りにする。
  2. 里いもは四つ割りにし、耐熱皿に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約8分加熱する。
  3. 豆腐クリームソースを作る。豆腐はペーパータオルで水けを拭いてボウルに入れ、泡立て器で潰しながら混ぜ、なめらかにする。残りの材料を加えて混ぜる。
  4. 鮭は3〜4等分に切り、塩小さじ1/3、こしょう適量をふり、小麦粉大さじ1をまぶす。
  5. 揚げ玉はフライパンに入れ、カリッとするまでいる。

作り方

  1. フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、鮭を並べて焼く。こんがりと焼き色がついたら上下を返し、同様に焼いていったん取り出す。
  2. ごま油大さじ1を足し、中火で白菜を炒める。全体に油がまわったら酒大さじ4を加え、白菜がしんなりして少し焼き色がつくまで炒める。里いもを加え、さっと炒める。
  3. 豆腐クリームソースを加え、ふつふつとしたら1の鮭を戻し、均等に並べる。ピザ用チーズを散らし、ふたをして蒸し煮にし、チーズが溶けたらごま、揚げ玉、青のりをふる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

Mako(多賀正子)
Mako(多賀正子)
料理研究家、 料理教室「Creative Kitchen」主宰。三男一女の子育ての中で生まれたアイデアを生かし、美味しく栄養たっぷりのメニューをテレビ、雑誌などで提案する。大の肉好き。

お料理メモ

【トッピングアイディア!】揚げ玉は軽く炒っておくとさらにサクサクに。青のりとの相性も◎。※フライパンは直径26cm、深めのものを使用しています。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

鮭
サケ科の魚には「白鮭」「紅鮭」「キングサーモン」などいくつか種類がありますが、一般に鮭と…

基本の扱い方

小骨を除く

身を指先で軽く押すと、身の中に残った小骨が出てくるので、骨抜きまたは指でつまんで抜きます。一口大に切って使うシチューや揚げ漬けなどのときに。

皮を除く

皮が気になるときは、皮を除いてから調理して。まな板に皮を下にして置き、皮の端を包丁で少しはがしてその部分をしっかり持ち、包丁を滑らせるようにしてはがします。

白菜
白菜
一年を通して出回っている白菜ですが、旬は冬。寒くなるにつれ、肉厚になって甘みが増します。…

基本の扱い方

葉をはずす

株元に包丁を入れ、1枚ずつ手ではずしていきます。

切り方

ちぎる

ポキンと折るようにしてちぎります。切り口の表面積が広くなり、味が入りやすくなります。短時間で味をからめたい炒めものなどに。

そぎ切り

株元のほうから、2〜3cm幅に包丁を斜めに入れて、そぐように切ります。

ざく切り

1枚を縦半分にしたら、2枚を重ね、株元から5〜6cm長さに切ります。鍋ものなどに。

繊維に対して直角に切る

繊維に対して直角に(繊維を切るように)、料理に合わせた幅に切ります。
生でサラダにする場合や、浅漬けのときに。食べやすく、短時間で味がなじみます。

繊維に沿って切る

1枚を扱いやすい長さ(2〜3等分)に切り、繊維に沿って、料理に合わせた幅に切ります。
歯ごたえを残したい炒めものなどに。また、浅漬けでも、翌日に食べるなら、この切り方のほうがおすすめ。

刻む

ひき肉だねに混ぜ込むときなどは、繊維に沿って切ってから、繊維に対して直角に刻みます。

里いも
里いも
インド原産で、稲よりも古く伝来した里いも。いも類の中では最も低カロリーで食物繊維も豊富な…

基本の扱い方

洗う

里いもには特有のぬめりがあり、皮をむくと手がかゆくなる人もいるのでは? 時間に余裕があれば、皮のまま洗って土などの汚れを落とし、そのままざるに上げて乾かしてから皮をむくと、ぬめりが出にくくなり、手がかゆくなることもありません。

皮をむく

里いもは、上下を少々落として、縦に皮をむきます。縦に6本、六角に角をつけて、対角にむいていくときれいにむけます。また、小さいものは、皮つきのままゆでたり、電子レンジ加熱で火を通してから、手でむいてもツルッとむけます。

輪切り

いもを寝かして端から5〜6cm厚さに切ります。

ぬめりを取る(1)

ぬめりがあるまま調理すると、味がしみにくく、仕上りもネバネバすることがあるので、塩もみをしたり、ゆでこぼしてぬめりを取ります。

どの程度取るかは料理によって異なりますが、いつものおかずなら、皮をむいて塩もみしてから洗い流し、軽く取る程度で充分。

ぬめりを取る(2)

かぶるくらいの水と一緒に火にかけます。沸騰すると白い泡とともにぬめりが出るので、さらに2〜3分ゆでて湯をきると、さらにしっかり取れます。下ゆでにもなって一石二鳥です。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //