チューリップから揚げ

239kcal
4.1g
20min
チューリップから揚げ
チューリップから揚げ

キッチンバサミを使えばチューリップ形も簡単

材料(2人分)

とり手羽中…8〜10本
下味(おろししょうが1かけ分、おろしにんにく1片分、しょうゆ大さじ3、酒大さじ2、みりん小さじ1)
レモン…適宜
・片栗粉、揚げ油

作り方

  1. 手羽中をチューリップ形にする。手羽中の太くなっている部分の端にキッチンバサミを入れ、骨と腱を切り離す。
  2. そのまま中までハサミを入れていき、骨にくっついている肉を切り離していく。
  3. 切り離した部分を上にして、肉を押し下げるようにしてずらす。
  4. 肉の内側に両方の親指を入れ、骨と反対側にくるりと裏返す。
  5. 残っている腱をハサミで切り落とし、チューリップ形に整える。ボウルに入れ、下味の材料を加えて手でよくもみ込む。
  6. 揚げ油は中温(170℃)に熱しておく。5に片栗粉適宜を加えてざっくりと混ぜ、骨の部分についた粉をふき取り、すぐに油を入れて揚げる。

    片栗粉は全体にまんべんなくなじむよりも、ところどころに粉が残っている状態のまますぐ油に入れる。食べたときにカリッとしているところとジュワッとしているところができておいしく仕上がる。
  7. 油の表面の泡が少なくなり、こんがりとしたきつね色になったら火を強め、2〜3回返しながら30秒〜1分揚げる。油をきって、少しさめるまでそのままおく。器に盛り、くし形に切ったレモンを添える。

    揚げるときは油から出すように持ち上げて、空気に触れさせながら2〜3回返して揚げると表面がからりとした仕上がりになる。また余熱で仕上げるくらいに揚げると肉がジューシーになる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //