かき卵あんかけチャーハン

534kcal
2.8g
かき卵あんかけチャーハン
かき卵あんかけチャーハン

とろとろあんがコクうまご飯にからむ

材料(2人分)

  • 中華風チキンライス
  •  ・とりもも肉…1/2枚(約120g)
  •  ・玉ねぎ…1/2個
  •  ・チンゲン菜…1株
  •  ・しめじ…1/2パック(約50g)
  •  ・まいたけ…1/2パック(約50g)
  •  ・温かいご飯…350g
  •  ・オイスターソース…大さじ1
  •  ・オリーブ油、塩、しょうゆ
  • 溶き卵…2個分
  • とりガラスープの素…小さじ2
  • 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ2+水大さじ2
  • ・塩、こしょう
中華風チキンライス
 ・とりもも肉…1/2枚(約120g)
 ・玉ねぎ…1/2個
 ・チンゲン菜…1株
 ・しめじ…1/2パック(約50g)
 ・まいたけ…1/2パック(約50g)
 ・温かいご飯…350g
 ・オイスターソース…大さじ1
 ・オリーブ油、塩、しょうゆ
溶き卵…2個分
とりガラスープの素…小さじ2
水溶き片栗粉…片栗粉小さじ2+水大さじ2
・塩、こしょう

作り方

  1. 玉ねぎは粗みじん切りにする。チンゲン菜は根元から四つ割りにし、3cm長さに切る。きのこは小房に分ける。とり肉は余分な脂を除いて小さめの一口大に切る。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱してとり肉を入れ、塩少々をふって炒める。肉の色が変わったら玉ねぎを加え、しんなりするまで3〜4分炒める。
  3. とり肉と玉ねぎをフライパンの端に寄せ、あいたところにご飯を加えて軽くほぐし、塩少々をふる。全体を混ぜて炒め合わせ、ご飯に油がなじんだら、きのこ、チンゲン菜を加えて炒め合わせる。
  4. 野菜がしんなりしたらオイスターソース、しょうゆ小さじ1/2を加えて炒め合わせる。
  5. 鍋に水1 1/2カップ、スープの素、塩、こしょう各少々を入れて火にかけ、煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつける
  6. 卵を少しずつ加え、浮き上がってきたら火を止める。
  7. 器に中華風チキンライスを盛り、6をかける。好みでラー油をかけても。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

井澤由美子
井澤由美子
料理家、国際中医師、国際中医薬膳師。旬の食材の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理に定評がある。新聞、雑誌、カタログ、イベント、書籍など数多くを手掛け、NHK「きょうの料理」「あさイチ」「趣味どきっ!」「ライフ」などの料理番組にも出演。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

切り方

皮をむく(1)

上下を落として皮をむく。

皮をむく(2)

残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。

輪切り

玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。

みじん切り(1)

縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。

みじん切り(2)

90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。右側から細かく切るとみじん切りに。

くし形切り(1)

根元を切らないよう、根を切り落とす。

くし形切り(2)

包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。

薄切り

縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります(画像のもの)。形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。
横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横(輪切りと同じ向き)に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

チンゲン菜
チンゲン菜
中国野菜の中では日本に最も定着した野菜で、結球しない小白菜の仲間です。くせのない穏やかな…

基本の扱い方

根元を切る

根のついていた根元のかたい部分を切り取る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(1)

株が大きい場合は、長さを半分に切り、葉の大きいものは縦半分に切る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(2)

軸は根元から包丁を入れ、縦半分に切り、さらに2等分する。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(3)

軸の太いものは、縦半分にしてから食べやすい大きさに3〜4等分にする。

根元の泥を落とす

根元の軸の内側に泥がついていることがあるので、切り分けたら、広げて水の中で洗う。

四つ割り

縦半分に切って、さらに縦半分に切る。根元に包丁を入れて手で裂いても。
●小ぶりのものは、形を生かして長いまま使っても。

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

まいたけ
まいたけ
名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年…

基本の扱い方

小房に分ける

石づきがついていないものが多いので、根元は切らずに、手で縦に裂いて食べやすくします。
炒めものなどにする場合、大きいようなら長さを半分にしても。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30169品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //