つくね鍋

226kcal
2.5g
つくね鍋
つくね鍋

しっとり、ジューシーな

材料(2〜3人分)

  • つくねだね
  •  ・とりひき肉…250g
  •  ・溶き卵…1/2個分
  •  ・玉ねぎ…大1個(約250g)
  •  ・コーンスターチ(または片栗粉)…大さじ1
  •  ・砂糖…大さじ1/2
  •  ・しょうゆ…大さじ1
  •  ・塩…少々
  • 白菜…2枚
  • しめじ…1パック(約100g)
  • 万能ねぎの小口切り…2本分
  • ゆずの皮のせん切り…少々
  • 昆布(5×5cm)…1枚
  • うす口しょうゆ(またはしょうゆ)…大さじ2
  • みりん、塩、粗びき黒こしょう
つくねだね
 ・とりひき肉…250g
 ・溶き卵…1/2個分
 ・玉ねぎ…大1個(約250g)
 ・コーンスターチ(または片栗粉)…大さじ1
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・しょうゆ…大さじ1
 ・塩…少々
白菜…2枚
しめじ…1パック(約100g)
万能ねぎの小口切り…2本分
ゆずの皮のせん切り…少々
昆布(5×5cm)…1枚
うす口しょうゆ(またはしょうゆ)…大さじ2
みりん、塩、粗びき黒こしょう

作り方

  1. つくねだねの玉ねぎはすりおろし、清潔なふきんで包み、水けをきつく絞る。
  2. 白菜は繊維に沿って5cm長さ、1cm幅の拍子木切りにし、しめじは小房に分ける。
  3. ボウルに1と残りのつくねだねの材料を入れる。
    つくねだねには、玉ねぎのすりおろしを加える
  4. 粘りが出て白っぽくなるまでよく練り混ぜる。
    たねは混ぜるんじゃない、練るんだ
  5. 土鍋に水1L、昆布、うす口しょうゆと、みりん大さじ1を入れて火にかけ、沸いてきたら弱火にする。4のつくねだね適宜を手にとってぎゅっと握り、親指と人さし指の間から出てきたたねの根元をスプーンですくって、鍋に静かに落とし入れる。
  6. そのまま弱火で静かに火を通し、つくねが浮いてきたらアクを取り、白菜としめじを加えてひと煮立ちさせ、塩で味をととのえる
    弱火で静かに火を通す
  7. 万能ねぎとゆずの皮を散らし、こしょう少々をふる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

笠原将弘
笠原将弘
日本料理店「賛否両論」店主。「正月屋吉兆」で修行をした後、実家の焼き鳥店を継ぐが30周年を機に一度閉店。2004年に「賛否両論」をオープン。日本料理ならではの味わいと、季節に寄り添う食材使いにファンが多い。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 日置武晴

食材の扱い方・ポイント

玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

切り方

皮をむく(1)

上下を落として皮をむく。

皮をむく(2)

残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。

輪切り

玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。

みじん切り(1)

縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。

みじん切り(2)

90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。右側から細かく切るとみじん切りに。

くし形切り(1)

根元を切らないよう、根を切り落とす。

くし形切り(2)

包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。

薄切り

縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります(画像のもの)。形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。
横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横(輪切りと同じ向き)に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

白菜
白菜
一年を通して出回っている白菜ですが、旬は冬。寒くなるにつれ、肉厚になって甘みが増します。…

基本の扱い方

葉をはずす

株元に包丁を入れ、1枚ずつ手ではずしていきます。

切り方

ちぎる

ポキンと折るようにしてちぎります。切り口の表面積が広くなり、味が入りやすくなります。短時間で味をからめたい炒めものなどに。

そぎ切り

株元のほうから、2〜3cm幅に包丁を斜めに入れて、そぐように切ります。

ざく切り

1枚を縦半分にしたら、2枚を重ね、株元から5〜6cm長さに切ります。鍋ものなどに。

繊維に対して直角に切る

繊維に対して直角に(繊維を切るように)、料理に合わせた幅に切ります。
生でサラダにする場合や、浅漬けのときに。食べやすく、短時間で味がなじみます。

繊維に沿って切る

1枚を扱いやすい長さ(2〜3等分)に切り、繊維に沿って、料理に合わせた幅に切ります。
歯ごたえを残したい炒めものなどに。また、浅漬けでも、翌日に食べるなら、この切り方のほうがおすすめ。

刻む

ひき肉だねに混ぜ込むときなどは、繊維に沿って切ってから、繊維に対して直角に刻みます。

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

つくね鍋
で作れるほかのレシピ

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30955品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //