山菜の天ぷら

415kcal
1.8g
山菜の天ぷら
山菜の天ぷら

野菜のおかず

河合真理さんのレシピ

片栗粉を加えて、からりと揚げる

材料(2人分)

好みの山菜(ふきのとう、たらの芽、うど、こごみなど)…適宜
菜の花…2本
生しいたけ…2枚
わかさぎ…4尾
ころも(卵1個、小麦粉1/2カップ、片栗粉大さじ3)
レモン…適宜
・揚げ油、塩

下ごしらえ

  1. ((たらの芽))根元のかたい部分を包丁で削り取る。
  2. ((こごみ))根元のかたい部分を切り落とす。
  3. ((ふきのとう))外側の汚れた部分をはがし、下の部分を少し切り落として十文字に切り込みを入れる。天ぷらにする場合はがくを広げ、つぼみの部分を出す。
  4. ((うど))皮を厚めにむき、食べる大きさに切ってから酢水に5分さらす。天ぷらにする場合は、すぐ揚げるならさらさなくてもよい。
  5. ((ふき))ゆでる鍋の大きさに合わせて切り、まな板にのせて塩を全体にふり、両方の手のひらで押しつけるようにこする(板ずり)熱湯でゆでてアクを除き、冷水にとって筋をていねいに取る。

作り方

  1. 山菜は下ごしらえする。菜の花はかたい部分を切り落とし、しいたけは石づきを除く。
  2. 計量カップに卵を溶きほぐし、冷水を加えて1カップにし、卵水を作る。ボウルに小麦粉と片栗粉をふるい入れ、卵水を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

    山菜はよりからりと揚げたいので、ころもに片栗粉を加え、できるだけ薄くつける。
  3. 1の山菜、菜の花、しいたけをころもにまんべんなくくぐらせ、中温(170℃)の揚げ油で順にからりと揚げる。わかさぎも同様に揚げ、油をきって器に盛りつけ、レモン、塩適宜を添える。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

河合真理
料理研究家、フードコンサルタント。斬新なアイデアを取り入れた和食ベースの料理が人気。祖母は料理研究家の草分けの一人であった阿部なを氏。著書には「迷宮レストラン―クレオパトラから樋口一葉まで」(日本放送出版協会)など。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 白根正治

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

うど
うど
日本全国の山野に自生している、日本原産の野菜。朝鮮半島や中国にも分布しています。流通して…
菜の花
菜の花
春を告げる野菜、菜の花。かすかな花の香りと、ほのかな苦みが魅力です。基本的には、アブラナ…
しいたけ
しいたけ
きのこ類で最も身近なしいたけ。自然のものは、山の南斜面のナラ、クヌギ、栗などの木に生え、…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32175品をご紹介!