大豆のレシピ

子どもにも人気の大豆レシピ! 大豆がメインの洋風スープやサラダ、ダイエット中のママにおすすめのお菓子も♪

簡単

調理時間

献立分類

ジャンル

カロリー

塩分控えめ

使わない食材

料理カテゴリを選択

野菜のおかず

肉のおかず

魚介のおかず

ごはんもの

卵・大豆製品

パスタ・グラタン

シチュー・スープ・汁物

サラダ

ドリンク

乾物・海藻・こんにゃく

たれ・ソース・ドレッシング

揚げ物

粉もの

パン・ピザ

おつまみ・小鉢

保存食・作り置き

季節・郷土料理

お菓子

お弁当のおかず

お弁当

大豆の基本情報

大豆の基本情報
大豆の特徴
大豆栽培の歴史は古く、約5000年前、中国の黄河流域で始められ中国全土に拡大、日本には弥生時代初期に、中国北方から朝鮮半島を経て伝わったといわれています。その後、肉を食べることを禁止されていた僧りょを中心に、たんぱく質や脂質がとれる食材として広まっていったそう。
大豆といえば、豆まきにも使われる黄色い「黄大豆」を指すことが多いですが、白や黒、赤、緑色の大豆もあります。おせち料理の定番「黒豆」も実は大豆の一種です。種類が豊富で、その土地ならではの「地大豆」を入れると、その数は数百種類にも及ぶとも。
みそ、納豆、豆腐、豆乳、おからなどの大豆加工品は、ほとんどが黄大豆からできていますが、最近では青豆や黒豆から作られた豆腐、納豆なども人気を集めています。
また、枝豆も実は大豆。通常よりも1カ月ほど早く収穫したものです。枝豆も、黄大豆だけでなく青豆や黒豆など、いろいろな種類の大豆から作られています。
大豆の選び方ガイド
国内の産地は、北海道や東北各県、佐賀県、福岡県、新潟県で、特に東北地方では、煮豆に向く「フクユタカ種」が多く生産されています。大きさでは大粒種、中粒種、小粒種に大別されますが、煮豆などの料理にする場合は、大粒種がよいでしょう。
また、用途ごとに新品種の開発も進められており、最近ではアレルギー発症のリスクが低い品種も登場しているので、専門店で相談するとよいでしょう。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //