きのこのアーリオオーリオ

31kcal
0.4g
きのこのアーリオオーリオ
きのこのアーリオオーリオ

調理&味のポイントはハーブ!

材料(作りやすい分量・小カップ8個分)

しめじ…大1パック(約200g)
しいたけ…10枚(約200g)
にんにく…2片
赤とうがらし…1本
好みのハーブ(ドライ。バジル、オレガノなど)…適量
・オリーブ油、塩

作り方

  1. しめじは小房に分け、しいたけは軸を縦半分に切り、かさは四つ切りにする。にんにくは包丁の腹で潰し、とうがらしは半分にちぎって種を除く。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ1 1/2、にんにく、とうがらしを入れて熱し、香りが立ってにんにくがうすいきつね色になるまでじっくり炒める。
  3. 1のきのこを加え、強めの中火で約4分炒める。しんなりしたら塩小さじ1/2で調味する。
  4. バットに移し、さめたらカップにハーブを敷いて入れる。

    ●冷凍で約1カ月間保存可能。
    カップにドライハーブを敷いてから入れる。きのこの水分をハーブが吸って、水っぽさを防止。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

おかずの量や気温により異なりますが、冷凍おかずは弁当箱に詰めてから2〜3時間後が食べ頃の目安です。食べるまで、なるべく涼しい場所で保管してください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 安井真喜子

食材の扱い方・ポイント

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

しいたけ
しいたけ
きのこ類で最も身近なしいたけ。自然のものは、山の南斜面のナラ、クヌギ、栗などの木に生え、…

基本の扱い方

石づきを取る

食べるのは主にかさと軸の部分。軸の先端の石づきは、かたいので、1cmほど切り落とす。

軸を切り落とす

かさに比べて軸の部分はかたい。軸ごとかさを使う場合以外は、切り落とすことも多い。切った軸は、薄切りにするか手で細く裂いて使って。

切り方

飾り切り

正月や祝いの席の料理で、主に椀ものや煮ものに用いられる。

飾り切り(1)

かさの表面に3本、包丁で切り込みを入れる。切り込みに対して、包丁を斜めにし、両側から、皮に切り目を入れる。
切り込みを十字や井げたの形にしたり、かさそのものを六角形に切って、表面に斜めに格子状の切り込みを入れる方法もある。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)